FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日感情を目の当たりにして

[関連したBlog]
■ワールドカップの試合中、各国アジア内:特に中国から日本バッシングが酷いと
新聞やニュースで話題になった。
私は、1年数ヶ月、英国に滞在中、さまざまな国の人に出合ったが、特に、韓国人から、
”過去の歴史においてどうおもうか” ”日本のしたことは許せない” ”私の親族はみな日本人を嫌ってる”などと言われる事がシバシバあった。
もちろん今の若い世代 実際は日本って”すげぇ”くらいにしか思ってないことが多い。
無論、初対面で『お前は日本人だから口きかねぇ』って言われた事もある。
疑問をなげかけ、なんらかの糸口を探そうとするのは、必ず幾分親しくなった韓国の子だった。
お互い歴史上、”嫌いあっている”と思っていたから仲良くなって、
”どうして貴方は私に優しくできるの?!どうしてそんなにいい人なの?!”と確認しあったこともある。
私は最初、日本が過去にした歴史をとがめられると、
『はぁ?!日本の民間人だって地獄を味わい戦争って言うのは、誰が悪いわけでもなくねぇ?
そんな事もわかんねーのかよ?しかも何で私に言うんだよ』と正直思った。
■第二次日本軍のアジア侵略の映像がたまたま写しだされていたTVのせいもあってか、
いきなり感情的になって『私は親戚に日本人預かっているなんてとてもじゃないけど言えないわよ』
といったのは後にも先にも一番最初にホームスティしたロンドンのイギリス人の家庭だけだったけど。(捕虜の扱いが酷かったらしく、未だに南の方に行くと日本人見ると石を投げたり顔殴られたりという話を聞いた事がある)
そのときは悔しくなって後で、泣いた。
戦争に巻き込まれた曽祖父、曾祖母、祖父、祖母のことを思って泣いた。
(別の意味で)中国人のタチの悪さを日本に帰国後、語り合ったアメリカの大学にいた女性は
同じように言われた際に面と向かって『おまえら私が体の小さい日本人で女だから言ってんだろう?!
同じように戦争責任をドイツ人やアメリカ人に言えるようになってから出直してこい』といったらしい。
■さて私はどうしたか、、、
『私もその辺の歴史は自分で本を買って読んだりしたので誠に遺憾に思う。本当に人として申し訳ない。
でもね、今さかのぼって50年前はそうだったかもしれないけど、お互い隣国なのでじゃぁ100年前は1000年前はどうだったかというと本当の歴史なんて検討がつかないよね。遣ったり遣られたりetc』的なことを言っていた。
■それに私の頭の中では、【うちのひぃおばあちゃんだって戦争の際に買わされた国債は戦後ただの紙切れになり子供達は赤紙で失う。それにシベリア抑留だって、強制労働等でアジアにさまよい十年ぶりにやっと日本に帰ってきてうつ病になってしまった遠い親戚のおじぃさんだってなんだって、、あの時に散っていった若い命は?! 誰が悪いわけでもない国だって関係ない、どうして戦争という悲劇を人間として冷静に捉えることができないんだろう】とそう思っていた。
今も本音はそうかもしれない。
国をこえて”人間”として、戦争という悲劇に一人一人が対抗しなければ平和は訪れない なんて思う。
■しかし、日本に帰国後、政治家が馬鹿な発言をし不必要に中国、韓国、北朝鮮を刺激し反感を食らう。
イラク戦争を通して、 私は ”でもね、、”からは”いらなかった”のではないかって思う。
もっと素直に謝ればよかった。腐れた政治家が馬鹿な発言をしたときはできるだけ抗議をする。
選挙にだって行くし無力だけどあのような悲劇が2度と起きないように私なりにがんばります”と言えばよかった。
私と話をした彼らの本音は今もわからない。
田中はじめさんの
『イスラエルは政治が身近にある。どこか遠くで行われているという感覚がない。
政府と自分達に一線を引いて、罪のない民間人などと言ってられないのかもしれない』
という言葉が凄く響いた。

AUTHOR: スミレ DATE: 08/05/2004 16:17:34 これは考えるべき問題ですね。私も韓国人の友達が多かったのですが、
みな、口を揃えて「日本人の友達がいるなんて親にはいえない」といいました。
過去のことは過去のこととして捉えてほしい、戦争を起こしたのは、私じゃない、
すごく悔しい思いでした。
スポーツに政治は持ち込むな、って、ごもっとも。だけどこういう国際問題って
尽きない気がしますね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

スミレさん
本当。じゃぁオリンピックどうすんだ?!って感じですよね。
ゴミを投げつけて罵声を浴びさせ飛び掛りそうだった彼らこそがいざ状況下になると
真っ先に虐殺や強姦をおこなうんだろうなって思いました。

kaguyaさん
結局チマチョゴリ着ている韓国人の制服を朝の通勤ラッシュで
切り裂くのと一緒で、国なんて関係ない、そういうカテゴリの人間がやっている
と人間対人間として常に冷静に考えないと本当に危険ですよね。
中国の人が『情けない 恥しい』と言ってくれたのに、本当に救われます。

てるてるんさん
本当にごもっともです。事実を知らないといけない。
国を超えて”人”として 人間の最大の狂気の部分を誰もが見つめて受け止めないと次にはつながらないと思います。反戦もなにも自己をアピールすることって難しい。
でもなにもないのではなく やっぱり 考える葦は尊いというか、大河の一滴というか。。
あぁ何がいいたいのかわからなくなってしまったけど、、┐('~`;)┌
これだけ海外に行き来できてインターネットでいろいろな人とコミュニケーションを図れたりと異国であれ異分化であれお互いが近くなってきている今、もっとプラスの面で人間”力”を互いに発揮できるといいなぁと思います。

韓国に住んでいる身としても、この話題はいつもにまして深く考えさせられます。以前、中国にいた時に中国人学生から「南京大虐殺」の話を「教えられ」ようとしたことがあるんですが、わたしが知っているのを知って、逆に驚いていたのが印象的で今でも覚えています。これは、身近に日本人がいない彼らにとっては、メディアに流れる政治家などの発言が日本人の総意であるかのように捉えられてしまうのだということを目の当たりにした良い例だと言えるでしょう。彼ら(韓国人にしろ中国人にしろ)は、日本人が「正しい」(客観的な、という意味で捉えたいですが)歴史を知らないと思っているわけですよね。お互いが共通の歴史認識を理解しあった上でないと、こういうことはこれからも無くならないでしょうね。しかし、罵声を浴びせたり暴力をふるったりしたところでコチラの歴史認識が変わるとも思えませんし、・・・建設的じゃないですよね。

広島から戻りました。韓国の方の原爆被害者の慰霊碑は別なのですね。その場に行って初めて知りました。
あの慰霊碑は、お国に向けて立っているのでしょうか・・・?
手をあわせてまいりました。心の中で「ごめんなさい、お国の言葉も唱える言葉もわかりません。ごめんなさい」としか申し上げられませんでした。約10万人と言われる海外の被害者(軍機密の強制労働のため連れてこられたので正確な人数がわからないと言われている)が眠っておられます。
憎しみや悲しみの連鎖を、どうしたら”未来”へと変えていけるのでしょうか?
核抑止論が、再度動き出してしまった今。どうかこれ以上連鎖が起きぬように考えるばかりです

今を生きなきゃダメっすよね、過去は忘れちゃいけないですけど、今とは違いますもんね。
過去の争いを教訓に、二度と争わないとお互いが考えあわなきゃでしょうね。

とみ吉さん
>メディアに流れる政治家などの発言が日本人の総意であるかのように捉えられてしまう
メディアの影響力って本当に危険ですよね。
何事も感情的にならず冷静に考えなきゃいけないってつくづく思います。

tubakiさん
お帰りなさいませ。広島はどうでしたか?ブログ楽しみにしています。
>憎しみや悲しみの連鎖を、どうしたら”未来”へと変えていけるのでしょうか?
本当にこれは連鎖ですね。
怒りや憎しみでは人道支援が出来ないのです でしたっけ
高遠菜緒子さんの言葉が身にしみます。


marc-14-mnさん
国を越えて、人間対人間のコミュニケーションが大事だと思っています。

日本と過去。過去と自分。
すごく難しい問題ですよね。
やはり日本人である以上、日本の歴史は背負わなければならないだろうとは思います。
でも、だからといって、謝り倒せばいいのかというと、そうではないのでないかなぁと。
中国や韓国が日本のことを非難するのは、相手の態度を改めろといっているのだから、自分の態度は変えない。立場としてクリアーで、自分には非はないという態度。
でも、それだけだったら、中国も韓国も進めないと思います。
じゃぁ日本はどうすればいい?
お金の援助じゃないですよね。
どうすれば、前にすすめるんだろう。頭が痛いです。

梅香さん
書き込みありがとうございました。
本当に考えると尽きないけど、個人単位で出来る事って沢山あると思っています。

トラックバック

PING:
BLOG NAME
[関連したBlog]
ありがとうございます。その響く心、感性を大切に持ち続けて下さい。これからの時代、えんさんのような心に響く出来事が続々と起こるでしょうから。その時には、また立ち止まって素直に考えてみて下さい。何よりも自分自身のためです。とかいう自分はとてつもなく考える事だらけの駄目人間ですが、、、。 
 イラクでの戦争で...
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

えん

Author:えん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。