スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア買春ツアー

============================================
現在ユニセフのサイトで簡単 クリック1回
”幼児人身売買を救え”アピールを行っている。
============================================

思い返せば2ヶ月前、彼と1週間近く尾を引く論争をしたことがあった。

『おまえその後ちゃんとエイズ検査したのかよ~』
彼は、笑いながら親しい友人と携帯で話をしていた。

その彼と同じ20代前半の友達はタイで”悪さ”(買春)をしてきたらしい。
『仲良しなの?風俗とかアジア買春ツアーとか誘われても行かないでよ』
という私の言葉に
『金ないから行かないよ~それにどこにそんな暇あるんだよ』と答えた。

『金と暇があれば行くの?』 (ここから完全に急降下)

なに?なんなわけ? という彼の態度に、
彼女もいてその若さでなんら支障のない人がアジアの貧しい国の
女性達を買春することについてどう思うかと食いついた。

『といっても、奴はエロだからなぁ。止められんでしょ~』
そして自分の友人を凄く”いい奴”だから悪く言うなと言った。

『何不住なく日本に生まれてちゃんとした教育を受けさせてもらって
歴史も社会も国際情勢も文化も何でも知りえる立場の人間が
どんな”いい奴”としても私は”人”としてどうかと思う』と私は息を荒くした。

そういえば以前、男友達もアジアに行くとき”買春するなよ”と
軽くいったら『俺、基本的に外人ダメだもん』といったことを思い出した。

感覚も視点も完全に違う。

そして嫌なことが頭によぎった。
彼はちょうどその時、会社でベトナムに行くことになっていた。
具体的な仕事ではなく視察研修。
すでにそこの会社での変な話はいくつか耳にしていて私は不安になった。

『ねぇ上司に誘われても断るでしょ?』
『え?そりゃ難しいでしょ。分かってないね。サラリーマン社会を。男社会を』

撃沈

常に協調性を図る完璧義務教育の典型:日本人サラリーマン
タイプの彼の偽りのない返答だった。

私は興奮して、いかにアジア買春がどうして許せないか一気に言い放った。

『もし第三者を通じて俺が上司に誘われてどうしても断れないで
そういうところに行ってしまったということを聞いたらどうする?』

『別れるに決まってる。付き合ったことさえも後悔するね。』

彼は別れるという言葉にひっかかる。

『じゃあそういう女性を買って2人きりになっても何もしないと誓っても?』

馬鹿か?こいつは と本気で思った。

『何かするかしないかは貴方の自由。私には関係ない。
それに買春は成立しているわけだから貴方が仮に何もしないとしても意味がない。』

お互い気分悪かった。

彼は買春を”まだ”してもないのに何故責められるか?という不服。
私は論点も視点も意味も本質も通じないもどかしさと苛立ち。

数日間悩んだ。

次に会ったとき私は暗い顔をしていた。

断る断らないじゃなくてそういう感覚だったらどんなに好きでも一緒にいられないと伝えた。

”頑張って断ってみる”と同時に彼にとっては買春なんてどうでもよく
酷く私を落ち込ませたことのほうが辛くて仕方がないと言った。

飲み会の席で盛り上げるために上司が脱いで裸になって
踊れっていったら踊るの?ときいた。

『絶対に断る。』

『自分の恥ずかしいことは断れるのに他人を辱めることは断れないのはおかしくない?
所詮 女性を買春すること 自体を そして何らかの事情があり苦しんでいる立場の弱い人間を自分の性欲の捌け口にする行為自体を重んじてない証拠だよ』と私は彼に言った。

そして私はアジア買春ツアー:少女幼児まで犠牲になっていく実態の
関連の本を行く前に何冊か読んでもらうため買った。

飛行機の中でもちょっと読んだというけど、

彼が実際にどうしたかは分からない。

分からないけど、彼の感覚は決して特有ではなく
今の日本男性のある意味”一般的”と思わざる得ないこの状況が恐ろしい。

私はアジアにいって年々幼年化する買春を行う全ての人達に読んで欲しい本がある。

マイグル・アクセルソン著 『ロサーリオの死-少女の残したもの-』
(エクパット・スウェーデン・1997、税込1800円)


彼は最近になって『少しずつ変わっていかないと』と言ってくれるようになった。



more...

スポンサーサイト

ぬーぶら

これからの季節こそ ”あれ” を大活躍させなければ!!

1年前くらいかな?初めてTV CMを見て
”感動!欲しい!!!”と うならせた商品:ぬーぶら
定価12000円って異様に高くないか??
いずれ、ドンキあたりで2900円くらいで売ってるだろう
とあきらめていた矢先 今年の冬に入って、
友達の友達の友達の友達めぐりの4代目譲渡された。

『余りよくないけど。。。使って見る??』

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)

嬉しい~
━(゜∀゜)━━( ゜∀)━━━( ゜)━━( )━━(゜ )━━(∀゜ )━━━(゜∀゜)━

喜んで使わせてもらった。

しかし!

何故か痒い。
冬だというのに汗が窓の結露のようにたまり
痒くて仕方がない。自宅に帰って”ベロー”と剥がす頃は
皮膚が。。。皮膚が。。。

あんなにCMして大絶賛していたのに。そんなハズはない。

しかし痒いし気持ち悪い。。。。(-。-)

今棚に眠っていて5代目譲渡を探し中ですが
未だにこの商品、売れ行きナンバーワンのごとく
カラーまで追加され売られている謎。

購入して実際 使用している人ってどうなんでしょうか?
気になります。[岩蔭|]_・)ソォーッ


more...

NYテロ事件の個人的勝手な見解。。unchiku?!

belageさんのblog を読んで

NYのテロ事件の際に私が感じたことを思い出した。

『何故?』 

アメリカが憎いのであれば何故ホワイトハウスでなく
あの経済ビルを狙うんだろう。

その後、 『波の上の魔術師』石田 衣良 (著)
をきっかけに、猿でもわかるアメリカ経済がベースの
”経済の仕組み”や”株について”という本を読んだ。

”面白い”よくできているなぁ 頭いいナァ という関心とともに
何故かとめどもない不安を感じた。

金には二種類あって 汗水流して稼ぐ本来の”金”と 
電子上に光と共に巨大なマーケットで動く”金”。

2個目の人間が作ったシステム上の巨大な金を知ったら、
本来の汗水流して稼ぐ微々たる”金”は無意味に思えるだろう。

やはり欧米人は頭がいい。油、gold とは別に、
”金””経済”の仕組みを人工的に完璧なまで作り上げた
そこには、がんじがらめの完全支配が容易にある気がした。

そしてムクムクと世界中を支配するかのように成長していく。

NYのテロ事件。

彼らにとって強要、重圧、支配の象徴であるアメリカ経済という
大きなウネリ(完全支配操作)に対する最後の抵抗だったような気がした。

アラブの地域紛争やテロが飛び火したのではない。
明らかに違う戦いが始った気がした。

彼らの文化や長い歴史、油がとれる土地を考えれば
アメリカ経済や文化なんぞ受け入れられるはずがない。

最近感じたいやな気持ち。

それは度をこした勘違いが私達個人レベルにまで生まれてきてる。

幸せの強要、価値観の強要。楽しいだろ?幸せだろ?と相手の顔が
苦痛に歪んでいても相手の感情さえもコントロールしようとする。
そこにはなぜか己を優越し理解とか共存という言葉は全く無い。

支配と沈黙。

こんなことは長く続くはずはない。
相手は”人間” 私達は感情を伴う人でありいずれ跳ね返りがくるに決まってる。

どこまで血を流さなければいけないのか。

話は脱線してしまうが、アメリカはイラク攻撃の際に
”大量殺戮兵器を持っているから””テロ撲滅”とも称した。

その際に本気でアラブの人が大量殺戮兵器をつかって
世界を支配もしくは滅亡に追いやろうとしていると考えた人に伝えたい。

アメリカの言う標的:テロリストは私の記憶ではアメリカのように
大量殺戮に”効果的”な化学兵器を使用していない。

彼らの宗教心から来るものかわからないが、
なぜか常に効率の悪い標的をあわせた爆弾テロ。

世界の大量殺戮兵器を全て集めても上回る数を所有しているのはアメリカ
であり、民間人の頭の上に実験的に核を使用したのもアメリカ。

憶測ではなくて与えられた情報とセットになってしまった”意思”
ではなく、常に現状を冷静に見つめたいと思う。


more...

高遠菜穂子さん

高遠菜穂子さんの本『愛してるってどういうの?』を読んだ。

本音を言うとズブの素人の本で読みづらいのだろうと
期待はしていなかった。
彼女があんなふうにバッシングされなければ
恐らく一生読まなかった本だと思う。

姉が本を買って私に”あんたに似てる”といって貸してくれた。

本は面白かった。旅行記としても、人の人生について、
生きる事の意味、ボランティアとは、第三世界について、、、
時に涙なしには読めなかった。

現在の彼女の環境を考えるからなのだろうか
1冊の本を読んで何度も泣いたのは初めてだった。

それと同時に彼女の今を考えると居た堪れなくなった。

そして驚きがあった。本当に同じことを私は常に考え以前から口にしていたことがいくつもあった。

彼女が海外でNYのテロ映像を見ていたように私も当時イギリスで生活していた。
彼女がイラク攻撃の際、TVを見るのを避けていたのと同じように私は
日本のマスコミ報道の虚偽が恐くてTVがつけられなかった。

海外から帰国後、毎回感じるなんらかの疎外感や冷たさ。
そんなものも私も感じていたし今の日本の”精神の病み”を懸念していることも、
『法律で罰するだけでよいのか。建物を安全にするだけでよいのか。』という疑問も。

そして国際社会とは、平和とは、外国に住む際になるべくそこの文化に接しようとする試み。

イギリスに滞在中に学校で友達になった、アラブからきたイスラム教徒の女性を思い出した。

彼女に会わなければ、何が国際社会において大事なのか、共存とはなんなのか分からなかったと思う。

===================================
イラク攻撃を大義ある戦争、アラブの民主化、テロ撲滅、
誰かが遣らなければイケナイ。
アメリカが世界のために正義のために遣ってくださるんだ。
キレイ事だけじゃないだろう。
戦わないといけないときもある。
===================================

そう言い切った友達に、愕然と”虚脱感”を抱く事もなかっただろう。

恥ずかしい話だが、私は日本が嫌いで海外に飛び出す前は、
選挙にさえも一度も行ったことはなかったし、
ボランティアをする人は偽善者でどこか異常だって本気で思っていた。
(もちろん今は偽善だけではそんな事はできない事を知っている)

外国に滞在しいろいろな国の友達に出会わなければ、
一人のただの外人としての弱い立場での怖い経験がなければ
反戦パレードにさえも参加しなかったと思う。

今高遠さんは病んで疲れきっている。

彼女はマザーテレサに憧れてというが、私にとっては何よりも誰よりも高遠さんが凄いと思ってしまう。

大きな組織や出来上がった思想<宗教>を表に出さずに、
生身の私たちと同じ等身大の一個人で ”人間” ”人” ”魂” として活動し
限界を極めている。

私たちと同じくこの日本で何不自由なく育ち、私たちの普通といわれている
”この”生活から飛び出し普通できないことをやってしまうそして追い求めていく彼女がすごい。

例えば今後未来において科学が発展し全ての未知なる出来事や人を引き付けた超人や
死後の世界などすべて科学で解明されたときに、私は彼女の存在自体のほうがより大きく残ると思う。

キリストだって何だって歴史に残る偉大な人は皆、国家等の組織によって迫害された。
国を挙げてのリンチに近い状態のバッシングだったが宗教者でもない”一個人”である高遠さんが
そこまで国家の敵としてメディアを使い迫害されたのはある意味また凄い存在なんだなと思ってしまった。

どうか高遠さんの心身が回復しますように心から祈らずにはいられない。



more...

アラブの国のキャリアウーマン

夏だというのにケープをかぶって顔だけだして
全身黒っぽい格好をしていた。

私が始めて出会ったアラブの国からきたイスラム教徒の女性。
彼女は銀行員で海外転勤前の英語取得のために私と同じ学校
にきていた。落ち着いた感じの女性で授業が終わるといつの間にか
いなくなっている。常に単独行動の彼女に大変興味を持ち、
私は自分から何かと声をかけてみた。
そして彼女にとっては私は唯一学校の友達だったと思う。

週末、学校の子と南イギリスにあるセブンシスターズを
見に行こうと話をしたときに思い切って彼女も誘ってみた。

暑いその日にまた全身を覆った格好で顔と手のみしか出してない彼女に
私は『暑くない??』の一言を皮切りに、
半そでと短パンとか涼しい格好をしたいと思わないか?
どうして顔だけ出しているのか、私は何でも見て思った事を口にしてみた。

宗教の理由から私は肌を露出できない。という言葉に対して
夏なのに暑いだろうに効率悪いだろうに、可哀想に。私は耐えられないと思った。

私は今までイスラム教は一番耐え難い宗教って思っていた。
何よりも女性を下等しているし彼らにとって女性はヤギ1匹の交換と
同じように考えてるに違いない。私はアラブに生まれなくて本当によかった。

女性は肌を露出できない。結婚するまで処女じゃなきゃいけない。
初夜についたシーツの血を翌朝旦那様のご両親に見せまたお祝いをする等、
その辺でレイプされたりしたら一生嫁に行かず実家で飼い殺し?
(私にはそう聞こえた)
おかげで女性は夕方暗くなったら外に一人で絶対にでないなど、
生活するうえでたくさんの障害を聞かされた。
今はどうか知らないが売春婦等見つけ出された日は市中引き回し?
犯罪者として扱われるらしい。

ほらね!! 私は耐えられない。”

アラブの男性が結婚するまで童貞ではないと思うし
女性だけが処女で処女をささげた人に一生つくさなきゃいけない。
もし相手の男性が合わなかったら?監獄のような人生だ。
夏は暑かったら半そで短パンでいたいし、
わたしは自由に恋愛をして楽しみたい。

よく耐えられるね。

そんな風に鼻息を荒くして言い切った無知な私に彼女は、

肌を露出しないのは女性は生まれながらにして美しいから、
男性を惑わしてはいけない。マナーの一種だし、
処女について言えば例えば日本とか他の国を見て逆に思う事は
情報過多になっていて、次から次へと男性と寝る。
性が簡単に扱われている。
でもそれで本当の愛にたどり着けるわけ?
男性にとって都合がよく踊らされているだけじゃない。

私はアラブの国に生まれてよかったと思う。神が常に私を守ってくれていて
私が育ってきた文化もこの私自身も大変誇りに思い感謝する。

と言われた。お互いつたない英語で本音の本音を言い合った。

そして私は、いくつで初体験か?平均年齢は?なんて
雑誌を思い出したり、小学5年生のとき知り合いのお兄さんから教わった
屈折した形で知ったアダルトという”性”。
そういえば知りたくもなかったなぁと思い出した。

彼女に出会って本来、他者と共存していく輪のなかで
国際社会ではよけいに重要で当たり前だったはずのことを改めて認識した。

自分の尺度で物を見てはいけない。

自分の価値観を押し付けてはいけない。

相手を尊重すること。相手に配慮しながら理解をしようとする気持ち。

彼女は学校のカリキュラムが終わった日に私に挨拶をしにきた。

”私の国に是非遊びに来てね”

私は”夏は絶対に行けないなぁ”なんて言いながらお互い元気でねと別れた。

写真の一番右が彼女。遠くうつっているが白いケープをかぶっている。


more...

イラク拉致被害者を救って下さい <緊急署名活動>

ご存知のとおり日本を代表する政治家:小泉、福田、川口等の心無いコメントを
はじめ多数のマスコミ:メディアによる非難報道も加わりイラク拉致被害者及び
家族への誹謗中傷:嫌がらせが未だに続いているそうです。

高遠さんは戦後孤児になってしまったイラクの子供達を愛しイラク復興支援に自衛隊が派兵される前から一個人でボランティアとして参加していました。今井さんは劣化ウラン弾被害の実態解明を目指し、郡山さん、安田さん、渡辺さんたちはイラク戦争の真の姿を人々に伝えなければと命がけで現地に入りました。

彼らの人間としての信条は、どうしたら国をあげてのリンチともいえる過酷な非難を浴びなきゃいけないのでしょうか。イラク攻撃の是非うんぬんよりも、何よりも、今回のイジメバッシングが一番、”人”としておぞましく恥ずかしく、ここまで日本国が歪み病んでいるとに恐怖に近い不安を私は覚えました。

こうした異常な日本の現状にたいして東京大学の教授らが有志で緊急呼びかけを行っています。海外メディアはいち早く”イジメ大国日本”などと伝え日本人の国民性さえも疑われました。

以下の緊急呼びかけサイトで署名:意見等ぜひご参加ください。

http://ac-net.org/honor/

初めてのブログ/(≡・ x ・≡)\とキッカケ

先日、高遠菜穂子さんの本を購入しようとネット検索をしたら
個人の”ブログ”とやらに潜入しコメントが書き込めることから
掲示板だと思い管理者と論議に論議を重ねてしまいました。

結果、管理者は以下のように締めくくりました。
==============================================
私自身の記事(コメント)がいつも正しいことを申し上げていると思いませんのでこれからも無視されるよりは・・・・・
もし、何かしら成果を生むことが出来るなら
このブログが、存在に足るものと思います。
今回は、大変勉強させていただきました。
これからも、御手数ですが御批判、御指導を賜れますことをよろしくお願い致しますm(__)m
==============================================

彼女はプログを持たない私のコメントを
最初イタズラ電話のようだともいっていましたが、
最後のコメントを見て 私もちょっとやって見ようかなと
思い”プログ”とやらを作ってみます。

日々心の中に溜まっているものを吐き出してみる。

人は本当にそれぞれの考え方があるのだけど
それを顕著に表現することは日本では懸念されてしまいがちで
もしかしたらこのプログで表現する人が増えたら??
なんだか面白いかもしれません。


more...

05 | 2004/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Author:えん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。