スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙の時間

たとえば何もかもうまくいかない時ってある。
いやな事が重なってこれでもかってくらい
今までのすべてが崩れ落ちていくような
でもそんな時に限ってたいてい人は無力で何もできない。
そんな時、私はどうするか。
ただただ1分1秒、時間が過ぎるのをジッと待つ。
沈黙の時間はとても長い。

積み重なっていた結果や自分自身が引き金となっている場合は
沈黙とともに冷静に客観的に見る事が大事だと思われる。
でもそうじゃないときはただたんに時間が過ぎることをジッとまつ。

そういえば、イギリスにいる時、恐ろしい目にあった。
日常ではありえない酷い事。
塞ぎ込む私に”話したほうがいいよ”と言った。
真面目に話す私にフンフカ聞いていたかと思いきや、
『それあんたの持ちネタ:”ギャグ”にしなよっ』と言い拍子抜けしている私に対して、
同じようななんだかありえない酷い体験を”ギャグ”っぽく話してくれた。
気がついたら”ありえねーっ”なんていいながら2人でゲラゲラと大笑いしていた。

彼は当時ロンドンにもう5年以上住むゲイの日本人だった。
親近感を持ちたいという単純な思いつきで
「この際私もレズになろうかなぁ」
っと何気にいった言葉に不快感を表した。
なりたくてなった訳じゃないし誰もわかりしえない苦痛がそこにはあった。
お金持ちでも仕事で成功しているわけでもなんでもない。
そういったこの社会が作り上げた”みみっちぃ”尺度ではなく
人として見上げるべく存在だった。全てが上回っていた。目には見えないけど。

そういえば、本当に大事なものって目には見えない気がする。
神様だって仏様だって幸運だって人を暖かくする言葉やぬくもりや大切な思い出も。
もうちょっと元気だそうとおもう。



more...

スポンサーサイト

いまごろ

あの街で ”王子様”に出合った。
よわっちい私は、もうなんだか感覚が麻痺していて何が
”どう”おかしいのか、”それは”もうそろそろお家に帰る日が
近づいていることを認めざる得なかった。

荒い海の上の沢山の波とともに漂っていたちっぽけな私が
ちょっとした気まぐれで小岸に救い上げられたかのような不思議な感覚。


いきなりもうおかしいほど少しの時間さえあればいろいろなところに
連れ出してくれた。優しい静けさの森の中を彼と何度歩いたことだろう。
まるで昔からお互い知っていたかのような感覚。
前世というものがあったら幼少の時によく一緒に遊んでいたのだろう。
挨拶できずに引っ越してしまった私がいたと思う。
今までのシガラミや心に染み付いてしまった”汚れ”が拭い去れるような洗い流されような時間。
驚きと感動の連続だった。
1分1秒本当に大切な時間だって
この”瞬間”を忘れないようにしよう
未来の事よりもその一瞬を忘れないようにと、
なぜかそんな事ばかり考えていた。








やっぱり”夢”は長くは続かなかった。
夢の覚め方は、おかしいほど、すっきりしていた。


帰国の日、何も言わず朝から出発の時間までずっと私の部屋にいた彼。




今ごろ彼はどうしているんだろう。

あの長年付き合っていた”彼女”と寄りを戻し
何だかんだいいながら、まだ一緒にいるのだろうか。

私の判断は間違っていなかっただろうか。

いつかまたあの静かで優しい森を一緒に歩けたらどんなに素敵だろう

また、ふと会ったあの時とおなじように またフト いつか会いましょう。


more...

貴方の存在がどこまでも私を優しい気持ちにさせてくれるのです

おたまさんのコメントに刺激され”憧れのイルカちゃん”をネットで調べてみました。
===================================
イルカは人間以外で唯一相手を名前で呼ぶ事ができる生き物だそうです。
イルカの脳は人間の脳と同じ大きさ。かなーり頭が良い。そして私たちと同じ哺乳類。
イルカは超音波を使って相手の気分さえも敏感に察知する能力がある。
そして、自閉症を治癒する力があるといわれている。イルカは溺れた人を助けたりする。
~~人の痛みや辛さを痛いほど感じることができるのに、愛をしめす。しかも種を越えた無償の愛さえも。

イルカは脳を片方づつ右脳と左脳を交互に泳ぎながら眠らせることができる。
左脳が眠っているときは右目が見えなくなるから右側にもう一方のイルカが補う。
なので群れの中でも大抵はペアで行動することが多いそうだ。

頭がいい。

人間で言う”頭がいい”は私にとって”ズル賢い”が先にきて、
そして”名誉”や”富を手に入れた人””高学歴”やそういうことをイメージしてしまう。
そして”それ”は私にとって、なぜか決して良い意味ではなかった。
人間は同種さえも殺しあう。人の分まで欲しがる。少しでも優位に立ちたい。欲はとどまる事をしらない。
集団になるとイジメがあり、人を妬んだり陥れたり、歴史的に考えるとその一瞬にしか
起きていない”ちっぽけ”な出来事に執着し怒りを爆発させ恨んだりときには凶暴になったりする。
”頭のよい”とされている、イルカは決して相手を陥れたり虐めたりしない。
痛みを痛いほど感じることができ、そしてあふれるくらいの”愛”と愛敬をもって生きている。
”頭の良い”イルカはどうしてそう穏やかで、無償の愛を他者に注ぐ事ができるのだろう。
”頭の良い”イルカがやっているんだ。間違いない。きっと一番大事な事。
そう思うと、怒りを小さく沈めたり、人を許せたり、嫌な事をされても同じことを相手に
やり返そうなんて思わない。
イルカちゃんという存在が私たちと同じ地球上にいるだけで私は安心する。
いつか泳げるようになったら海へ、イルカちゃんに会いに行きたいと思うから、そのときはヨロシク。
優しい気持ちをたくさん分けてください。


more...

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

えん

Author:えん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。