スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

より文化的に平和で楽しく幸せな街にするために・・・

先日は地元のフェスティバルでやっぱり
毎度のことながら動物愛護団体でボランティアをしました。

変な事をいって絡んでくる中年のオッサンとかやっぱりいたけど、、
相変らず面と向かって何言われてもなんとも思わない私。
動物愛護に意味不明の憎悪とかメクジラを立てる人って
なんていうか、いかにも小動物以下・・ の寂しい人間。
愛護されている犬や猫が羨ましくて仕方が無いって感じで
どう考えても焼餅や嫉妬にしかみえない!!って
持論を持ってるせいかもしれない(笑)

今回、荒川区の餌ヤリ罰金10万円条例及び
議員小坂英二などの件も含め、もうなんていうか、、
言いたいこと沢山ありすぎて、、
ちょっと自分なりにチラシを作ってみた。
忙しくて代表の確認が当日しかとれなかったため
見本みたいなものしかもっていかなかったんだけど、
唯一立ち寄ってくれた議員(民主)さんに代表が
それをすかさず渡してくれて議員の人が
自分の手でしっかりと持っていってくれたので
なんだかとっても嬉しかったです。

環境保護とか動物愛護とか時折ボランティアなど参加しているけど、
毎回、なんか不思議と”してあげている”より”与えられるもの”の方が大きい。

子供達が『ネコ可哀想』とかいって自分のお小遣いから
募金してくれる姿に感動させられっぱなし。

朝から来ていて立ち寄るたびに募金をしてくれてる
小学校低学年の男の子二人。午後3時頃になったら
『もう帰らなきゃいけないから、これが最後の募金だよっ!!』って
二人してまたお小遣いをいれてくれる (笑)
『あらあら沢山いただいたのにまた募金してくれるの?ありがとう!!』って
大げさに言うと凄く得意げで・・ それでいて15分後にまた戻ってきてくれて
『これがホントにホントに最後だよ!!』って募金箱に小銭をいれて
猛ダッシュで走り去っていったその姿が可愛くて可愛くて。。。

日本も捨てたもんじゃない。私もああいう子が欲しいナァって本気で思うのよ。

動物に優しい っということは、
もちろん、子供に優しい
そして、人に優しい。

共存を考えるってことは環境を考えるってこと。
直面した問題を考えるっていうのはコミュニティを高めるってこと。
コミュニティを高めるってことは街の安全を高めるってこと。

より文化的に・・。

此れが一番の”幸せの街づくり”の形なのではないかなって
荒川区の愚かな議員どもに教えてあげたいです。


more...

スポンサーサイト

猫の餌に罰金10万円~の荒川区へ意見を送りました

[関連したMyBlogその?] [関連したMyBlogその?]
私が荒川区へ送った内容

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お腹をすかせてご飯をくださいと泣いている
野良猫さんに餌をやるなと、
餌をやることは”悪い事”だと荒川区では
子供に教えなければいけないのでしょうか。

毎年異常な数の自殺件数、世界二位の格差
執拗で陰湿なイジメは子供達社会にも広がり、
この不穏な日本社会で未来を担う子供達に
どうやったら命の大切さを教えることが出来るのでしょうか。

私は子供と一緒に餌をやりながら、野良猫の凄まじい生き様と
元はといえば人間の身勝手さがこのような状態を作り出したんだ
というのを教えたい。そしてこのような環境を作らないためには
どうすればいいのか一緒に考えたいって思う。

そもそも、この条例は何のための条例ですか?

町の美化ですか。人々の快適な暮らしですか?
極端な言い方をしてしまえば、野良猫の次は
今度はホームレスの除去・排除ですね。
子供達がホームレスは汚いから人々にとって迷惑だからと
火をつけてリンチ、挙句殺してしまう痛ましい事件を思い出します。

フランスなどでは、公機関の許可の元、公園等に
野良猫ハウスを設置しそこで猫達は“自由猫”と呼ばれ
幸せに暮しているそうです。

ノーベル平和賞5回ノミネートされたマハトマ・ガンジー氏は

『国家の尊厳や品格は、そこにいる動物たちが、
人々にどう扱われているかを見れば容易に判断できる』

The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated.

という名言を残しています。

荒川区は、こんな先進国に前例の無い国際社会の中で
”恥”そのものの目を覆いたくなるような”弱者排除”条例を作る前に、

?ペットは全てマイクロチップ等による登録義務をつける
?無責任に放棄したら飼い主は巨額な罰金もしくは禁固刑
 ※これは?があるからこそ有効な罰則です。
?餌を与えるのであれば野良猫への去勢・避妊処置・管理義務
 ※なお、去勢・避妊の負担は行政が行なうこと。
?地域(野良)猫の管理を全て個人のボランティア
自費で押し付けるのではなく今回荒川区が主張したような
責任や義務を押し付けるのであれば、その活動を保証する条例を作ること。
 ※フランスやら他の文化レベルの高い先進国を参照

等、問題の根本を解決するための条約を作る必要性があるでしょう。

荒川区議会議員の小坂英二氏のブログによると

『まず、この条例案では、地域猫活動にしっかり取り組んでおられる方は、
罰則の対象になりようが有りません。』

とございますが、その地域猫活動の内容が
小坂英二氏によると”糞のしつけ、マナー向上”[関連したBlog]
です。

捨てた人を罰則しないで、
捨てられた”命”を可哀想だと見捨てられず命をつないだ人に
対して、餌をあげるなら自費で避妊・去勢・・(※補助金足りません)
挙句の果てに、外ねこさん達の糞の始末・しつけまで責任もてということは、
どういうことでしょうか。地域(野良)猫がいつどこで糞をするか
24時間見張っていろということなのでしょうか。

小坂英二氏の独りよがり勘違いであったとしても、
たとえ本当に悪質な場合にかぎり・・という条例であったとしても、
そもそも、条例事態 ”迷惑基準”の順序が違いませんか。
一体誰が地域猫と野良猫の差を判断するのでしょうか。

実際のこの条例内容の本文自体、曖昧で人の感情・人間関係の強弱、
さじ加減でどうにでもなるような危険な内容ではないのでしょうか。

人々が安心して楽しく穏やかで平和に暮らしていける
町づくり社会づくりには一体なにが重要なのか今一度根本から考え、
このような野蛮で無知な条例は即行、検討しなおしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※どうやら皆一緒のテンプレ返事がくるそうなので、タイトルは
[テンプレート回答はいりません。誠意をもって民衆の意見を聞いてください]です。

そう、、この問題 荒川区だけの問題じゃないんです。
日本社会・日本国家・日本人としての品格・モラルが問われる問題です。


そうおもいませんかー?


★★みんなで意見を送ろうパブリックコメント★★

荒川区ではこの条例に関して、~10月14日(火)
までパブリックコメントとやらを受け付けています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
応募・問合せ
電話03(3802)3111内線482 ・FAX 03(5811)6462
電子メールアドレス kankyou@city.arakawa.tokyo.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

more...

バカルビ~ 【GMOフリー・ソロ活動第二段】

[関連したBlog]
【ソロ活動第二段】
カルビーに『遺伝子組み換え食品を扱わないで!』メールをイザ送信

【メール内容の概要】
?遺伝子組み換え食品の危険性及び その背景。
?GMOフリーを行なってる他社への評価。
?『遺伝子組み換えではありません』と記載しつつも原料が遺伝子組み換えだったりとNGOで”レッド”マークをつけられていることへの指摘。
?今後の企業姿勢とGMOフリーに向けてのお願い。

まぁ簡単にいうとそんな事を、ツラツラと書いて送ってみました。

そしたらなんと!

『(遺伝子組替え原料は使っているけど) 法律範囲内だから
なんら問題いらないよん・ノープロブレム♪』etc

ってGMOフリーに対する企業姿勢は何一つ伺えない、
なんとも脱力感を誘う内容のお返事を頂きました _| ̄|○ il||li

きっとこの脱力感で相手を黙らせる=カルビー流お客様対応なのね!
なんて思いつつ更に熱いお返事を以下に書いてみました。


【私からカルビーへお返事に対するe-mail送信(一部抜粋)】

結論から申し上げると法律範囲内
(5%未満及び表示基準がないもの)であれば
『問題ない』=『心配要らない』というのが
カルビーの回答なのでしょうか。
私が申し上げているのはそういうことでは在りません。

そもそも現行の日本の国の規制・法律は他の国よりも
『遺伝子組み換え食品』に関して緩く作られています。

しかしながら、それが果たして本当に安全で問題ない事なのでしょうか。

現在のアスベスト問題、有機リン系農薬問題 etc
また過去の様々な問題の起因と結果を見れば、
『国の法律範囲内』=『問題ない』と
安易に考えることは大変危険ではないでしょうか。

ましてや、人間の口に運ぶモノを作っている大手食品メーカーが
GMO-FREEを嘆願する一消費者の声に対して
聞く耳を持たず 『問題ない』 と切り捨てるような
回答をする事自体正直残念でなりません。

そもそも『問題ない』のであれば何故、国際環境団体が
御社の商品に対して『REDマーク』をつけるのでしょうか。

>原則遺伝子組み換えではない素材を仕入れる為に業者様へのお願いをしています。
>しかし原料組成であるたんぱく質が高熱で分解されており、現在の分析検査方法ではGMO
>(遺伝子組換え)検出は不可能で、これらの非使用を証明することが出来ないのが現状です。

これは『カルビー』は、自社製品(原料)に対して、
責任放棄されてるという意味なのですか?

実際に、GMO-FREEを行なっている食品メーカーは御座います。
今一度、消費者の本当の願いと声を聞き届けてください。

・・・

さて、カルビーはどうしたか・・・ 


ええ・・・・ シカトです。
2度メール送信しているもののいまだスルー。
どうやら無視を決め込むつもりです。

でもね。ヘコタレマセン。消費者は・・・きっとこのメール一通だって
GMOフリーへの要望を多くのヒトが寄せればイズレ無視できなくなります。(祈)

ほーんとカルビーさんお願いしますよ (-。-) ボソッ

『イラクに咲く花・・・その2)劣化ウラン弾』

[関連したBlog]

その土地(風土)ごとに沿ったエネルギー文化を築ければ
イラク戦争のような悲劇は無かったかもしれない・・・と常々思う私。

やはりエネルギー資源の需要と供給を考えたときに
必ず『原子力発電の必要性』を力強く訴えるのは 

イザというときに”こんなものを作るから”なのかしら?
っていう国家の策略さえも考える私だったりする・・。 

あの中国が経済成長し波を押しあげたときに
このままで、どうにかなるもんかー と
大きな国際環境会議などヒアリングしてると

更に再生可能エネルギーが不可欠になるはず!
と期待する私だったりして・・・・


さてさて こんなものって何かっていうと
原子力のゴミで作られる劣化ウラン兵器

なんで国際条約で禁止されないんだろう。
私にとっては立派な核兵器に見えるのだが・・

そして今回『イラクに咲く花』の会場で
本物(実はレプリカ)の劣化ウラン弾を見てビックリ。

現代の脅威的な核兵器はたった12センチだなんて・・・ 【写真参照】

しかもこれをね、、今まで米(英)軍が
地球上でこんなにばら撒いて使っていたのです。

1991年 320トン @イラク
1995/99 11トン @旧ユーゴ
2001年 1000トン @アフガニスタン
2003年 2000トン @イラク

そして恐ろしいことにその直接的な資金を出している
アメリカ国民の殆どが 劣化ウラン弾の存在すら知らないらしい。

人類史上初、民間人の頭の上に核兵器(原子爆弾)を落とされ大量殺戮された
日本国こそが、きっとこの核兵器廃絶に向けて世界唯一
大きくアピールできる可能性を持っているはずなのに、、

いまやアメリカを追随し、このイラク戦争に加担しているなんて・・・

ねぇ 小泉さん?!

本当に情けなくて広島の原爆犠牲者に
申し訳ない気持ちで一杯になる私です。

劣化ウラン弾ってなぁに?!
http://www.bushflash.com/pl_lo.html


more...

『イラクに咲く花・・・その1)テロという名のレジスタンス』

イラク命の水支援・・バクダットに井戸を掘るために
以前、募金をした私ですがご丁寧に会計報告を頂きました。
そこに同封されていた『イラクに咲く花・・・@明治大学』on21th MAY

メディアも各団体も追い出し完全に閉ざされたなかで
圧倒的な米軍の勢力のもと徹底的に行なわれたファルージャの攻撃・・

イラク人がとったファルージャのフィルムも流れるとのことで早速行ってきました。

『知られなければそれは現実に無かった事と同じ
簡単に擦りかえられる・・・・・・それが一番恐ろしい』


テロリストの巣窟とされるファルージャではザルカウィもいなかった。
では誰がアメリカのいう”テロリスト”だったのだろうか。

それは、 『妻や子供を守るため町を守るため』
米軍に立ち向かった、なんの軍事訓練も受けていない
民間人の男達だったという。

侵攻した米軍は暴君のかぎりを果たしていた・・
一般の民間人を無駄に殺し 意味も無く連行
夜中に民間人の家に押し入っては
暴力の限りを果たし金や家財を盗んだ。

人々の米軍に対する怒りや鬱憤が溜まりにたまり
アメリカ人の焼死体をつるし上げて歓声したファルージャの市民。

そして、フィルムのなかでイラク人が言う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たとえ日本であろうとも軍事をもって
我々の土地に侵入してきたら”敵”とみなす』


『日本人は(たった60年前)米国に何をされたのか忘れたのか??』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人道支援・復興支援という名のもとに40カ国近くが
多国籍軍としてイラクに軍隊を送り非武装のNGOやボランティアとの
境界線が曖昧になった結果、民間の人道支援者が現地に入って
活動することが著しく難しくなってしまったという。

確かに、高遠さんら3人の拉致被害も日本が軍事を
もってイラクに侵入しなければ
起こらなかった。

血税を大量に注ぎ込み人道支援という名目で
自衛隊を送ったが実際に現地のイラク人は何一つ感謝はしていない。

日本政府は挙句 9条改正までして 
米国と一緒に他国に侵入して
その土地の人間を殺戮するとまでいうのか

メディアでは決して報道されないが

イラクと深く関わった人たちによるイラクの現地の声を聞くと 
やはり私は”自衛隊の即時撤退”を求めていきたいと改めておもった。


『イラクに咲く花・・その2)へ続く』

more...

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えん

Author:えん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。